HOME  > 学部・学科案内 > 文学部 > 英語 ・ 英米文学科 > 英語・海外研修

英語・海外研修

 実践的な英語スキルを身につけられるように、「英語Ⅰ・Ⅱ」、「英会話Ⅰ~Ⅲ」、
「英作文Ⅰ~Ⅲ」の科目が設けられています。授業は実践的な英語でのコミュニ
ケーション練習、ビジネス英語、英語でのプレゼンテーションなど、様々な体験
から学べるように構成されており、アクティブで楽しい雰囲気の中、基礎英語
から始めて、複雑な英語がわかるようになっていきます。
「実践英語(TOEIC)」では、留学や就職など様々な場面で英語力の証明として
使われるTOEIC試験の学習を通じて、実用英語の能力を磨くことができます。
 実際に海外へ行って生の英語を学びたい学生には、「海外研修」の科目が用意されています。
 そして、半年間または1年間の留学制度もあります。留学先で修得した単位は本学の単位に読替認定され、4年間で無理なく卒業できるようになっています。

英語Ⅰ・Ⅱ

 目標は、英文テクストの「訳読力」、「読解力」、「文法力」、そして「英作文力」の養成です。
 教材は主として日本とアメリカやその他の外国との比較文化論、世界中の国々の人々の多様な価値観、人生観、生活様式等の内容となっています。英語力の向上のみならず、異文化をいかに理解し、受け止めるべきかを考えることにより、改めて日本人とは何かを見つめ直すことができます。

英会話Ⅰ~Ⅲ

 学生の英会話スキルを基礎英語レベルから中級英語レベルまで上げます。
 授業では、ロールプレイングやゲーム、ペアワークやグループワークで楽しく、 面白く、英会話を練習します。
 目標は、学生が自信を持って英語で話す事です。

英作文Ⅰ~Ⅲ

 自己紹介から始めて、自分の趣味のこと、学生生活等、様々なトピックについて、英語で書く練習をします。最初は一つのパラグラフを書くのが精一杯かもしれませんが、徐々に複数のパラグラフのある長い英文を書けるようにします。

実践英語(TOEIC)

 TOEICは英語の能力を図る目安として注目されてきています。就職試験においても、TOEICのスコアを求められることが少なくなりません。実践英語では、これからのキャリアに役立つ英語の習得を念頭にTOEIC形式の問題を数多く解くことで英語力アップを目指します。

海外研修Ⅰ

 「海外研修Ⅰ」の授業では、学生が弘前学院大学の国際交流プログラムに参加するための準備をします。この科目では、アメリカの文化と日本の文化を比べ、どのようにしてアメリカで生活すればよいかを学びます。ビデオとロールプレイングを用いて、海外の実際の場面を想定して練習します。学生が日本の文化を説明できるように、また、欧米文化をもっと理解できるようにカルチュラルポートフィリオを作成します。

海外研修Ⅱ

 弘前学院大学の海外研修プログラムに参加する学生は、「海外研修Ⅱ」の単位が貰えます。
 本学の海外研修プログラムについては、こちらのページをご覧下さい。

留学

 弘前学院大学の留学プログラムに参加する学生は留学中、英語の4つのスキルと欧米文化を学びます。 留学先の大学で修得した単位は、本学の卒業単位に読替認定されます。
 本学の留学プログラムについては、こちらのページをご覧下さい。

学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。