HOME  > 学部・学科案内 > 文学部 > 日本語 ・ 日本文学科 > 日本語・日本文学科の概要 > 日本語・日本文学科の概要

日本語・日本文学科の概要

日本語のプロフェッショナルを育てる

 日本語・日本文学科では、日本語をあつかうプロフェッショナルを育成することを目指しています。専門的な勉強の領域は大きく言って日本語学、日本文学、日本文化の3つに分かれます。それぞれの領域にそれを専門とする教員が配置されており、ほぼ日本語/日本文学の全領域をカバーしています。「初心者」の段階から無理なく勉強を進めて行けるように配慮されています。
 その結果として、4年生の段階では「学術論文」の名に値する卒業論文を書くことができるようなレベル、すなわち「日本語/日本文学のプロフェッショナル」(少なくとも、その「タマゴ」)の域に達することを目標としています。これは決して「絵に描いた餅」ではなく、現にそのようなレベルに到達したうえで、さらなる学問の深化を目指して、本学大学院を含め各地の大学院に進学する人も少なくないのです。

日本語/英語によるコミュニケーション能力を中心に、幅広い技術と知識を備えた人を育てる

 たとえば小説一つを取ってみても、それを様々に読解するためには、いろいろな知識と大きな視野が必要となります。本学科では、あまり低次元な「専門分野」にとらわれることのないように、幅広いカリキュラムを組んでいます。
 また、日本語による「表現の技術」や「英会話」「英作文」などはカリキュラム上に多くの科目が用意されており、望むならば、英語・英米文学科の学生と同じだけの「英会話」の授業を受けることもできます。つまり、日本語であれ英語であれ、コミュニケーション能力を、とても重視しているのです。

どんなことにも対応できる「本物の教養」と感受性に優れた人を育てる

 激動の世界で力を発揮して行くためには、技術と知識だけでは足りません。さまざまな状況に適切に対応するため、自分を客観的に捉え、足りないところがあれば自ら補って行く力、すなわち成長し続ける力が要求されます。
 そのように「タフ=しっかりしている」ことこそ、本当の教養と言えるでしょう。学生の自主性を最大限に重んじる本学科の教育を通して、そのような力を身にまとうことができます。あなたの感受性がさらに本学で磨かれ、本物の教養に裏打ちされたとき、繊細でかつタフな、21世紀の人材が出現するのです。日本語・日本文学科の目指すところは、これに尽きます。

 科目の全体像は以下の通りで、学生はどの科目も自由に学べるようになっています。勉強の自由度が高いのは本学の特徴の一つです。

  1. 専門基礎科目;古文や漢文を読むための基礎的な文法、語彙などを学びます。
  2. 日本語学関係科目;日本語の特性、発音、文法、方言など、日本語それ自体を学問の対象として学びます。
  3. 日本文学関係科目;古代の詩や物語から中世の和歌、近世・近代の小説など、日本語を使って書かれた芸術作品を幅広く読み、そこにある考え方や伝統、革新などについて理解を深めます。
  4. 日本文化関係科目;日本の歴史・マンガ・映像表現・サブカルチャー・民俗芸能などについて学びます。
  5. 共通科目;英語・英米文学科、日本語・日本文学科に共通する関連科目で、専門領域を補い広い視野を培うために設定されている科目です。聖書と文学・考古学・表現の技術・データベースと解析の技術・英会話・英作文・日本語教育法など。

日本語・日本文学科 専攻科目

(1)専門基礎科目 古文の基礎、漢文の基礎
(2)日本語学関係科目 日本語学概論AB、日本語音声学、日本語文法論AB、日本語史AB、日本語学A~D、日本語学演習ⅠA~D、日本語学演習ⅡA~D
(3)日本文学関係科目 日本文学概論AB、日本古典文学史、日本近代現代文学史、地域文学研究、
古代文学AB、中世文学AB、近世文学AB、近代現代文学AB、古代文学演習ⅠAB、 
中世文学演習ⅠAB、近世文学演習ⅠAB、近代現代文学演習ⅠAB、
古代文学演習ⅡAB、中世文学演習ⅡAB、近世文学演習ⅡAB、
近代現代文学演習ⅡAB
(4)日本文化関係科目 日本文化概論AB、日本の歴史AB、日本マンガの歴史、現代日本マンガ論、
日本の映像表現、日本のサブカルチャー、日本の民俗芸能、中国文学概論、
中国文学講読AB、日本文化演習ⅠAB、日本文化演習ⅡAB
卒業論文
(5)共通科目 文学の基礎、聖書と文学、言語学の基礎、応用言語学、民俗学、考古学、古文書学、書道AB、海外研修、表現の技術AB、データベースと解析の技術、データ解析演習、英会話ⅠAB、英会話ⅡAB、英会話ⅢAB、英作文ⅠAB、英作文ⅡAB、英作文ⅢAB、日本語教育法ⅠAB、日本語教育法ⅡAB、日本語教育法ⅡCD

基礎演習

新入生がこれから大学で学び、研究するために必要になる基礎的な能力を養うための科目です。

基礎演習 基礎演習ⅠⅡ

一般教育科目

広く教養を身につけ、視野を広げ、知的好奇心を活性化するための科目です。

キリスト教についての科目 キリスト教学Ⅰ、キリスト教学Ⅱ、キリスト教音楽
人間・社会についての科目 哲学と倫理AB、法と社会AB、政治学AB、経済学AB、心と身体AB、
教育と人間AB、歴史と社会AB、現代の社会と文化AB
自然についての科目 情報の科学AB、環境の科学、生命の科学AB、科学と現代A~D
地域についての科目 地域研究AB
教養演習 教養演習A~Q
外国語科目 英語ⅠA~D、英語ⅡAB、ドイツ語A~D、フランス語A~D、中国語A~D
保健体育科目 スポーツ科学講義、スポーツ科学実技A~F

自由選択科目

より広い教養を身に付けるために設定されている科目です。

社会人基礎力支援科目 教職教養A~F、常識日本語AB、小論文演習、実践英語A~D、基礎数学A~C、
企業等実習
単位互換(弘前大学)※ 選択教養A~G
特殊講義 日本語学特講、日本文法特講、古代文学特講、中世文学特講、近世文学特講、近・現代文学特講、民俗学特講、民俗芸能学特講

※文学部は,現在弘前大学と単位互換に関する協定を締結しています。学生は「特別聴講学生」として弘前大学の科目を履修し,その修得単位は自由選択科目の「選択教養」として認められます。


学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。