HOME  > 学部・学科案内 > 文学部 > 教員紹介 > 松橋 俊輔

松橋 俊輔

教員紹介 一覧に戻る

教員氏名  松橋 俊輔(マツハシ シュンスケ) 職名  講師
略歴 【学歴】
 東京大学教育学部卒業
 同大学院教育学研究科修士課程修了
 同博士課程単位取得退学

【職歴】
 渋谷教育学園渋谷中学高等学校国語科専任教員
 東京学芸大学教育学部非常勤講師
学位  修士(教育学)
担当する科目  基礎演習Ⅰ・Ⅱ、教育と人間A(生涯学習)、教職教養C、教師論、教育原理、教育史、
 道徳教育の理論と実践、教育方法の理論と実践、教職実践演習(中・高)、
 教育実習(事前・事後の指導を含む)、教職課程とカリキュラムマネジメント、
 アクティブラーニングの理論と実践
専門分野  教育思想史
主な業績 【論文】
 1.「J.デューイの『人間本性と営為』における「正常」な「熟慮」
   -「成長」思想のより具体的な理解のために-
   (単著、2017年、『東京大学大学院教育研究科基礎教育学研究室紀要 第43号』

【著書】
 1.「芦田恵之助における生の変容とその思想-綴り方教授における「随意選題」論
   に着目して-」
 (2015年、田中智志・橋本美保編、『大正新教育の思想-生命の躍動-』(東信堂)』

その他
(学会社会活動、講演、受賞等)
 教育哲学会、教育思想史学会、日本デューイ学会、日本教育学会

研究テーマ

ジョン・デューイの教育論の根底にある倫理思想

 ジョン・デューイは、アメリカの哲学者・教育哲学者です。「問題解決学習」の方法論に代表されるような、学び手の主体性・活動性・協同性を重視した教育理論を打ち立てたことで知られています。彼の教育論の背景には、深い倫理的洞察がありました。そうした倫理思想の展開について研究を進めています。


オススメの本

書名 「みんなの学校」が教えてくれたこと
:学び合いと育ち合いを見届けた3290日
著者 木村泰子 出版社 小学館

 学校教育に関して、刺激的な、しかし読みやすい本を紹介しましょう。「みんなの学校」とは、大阪府住吉区にある公立小学校、大空小学校を指します。「みんなの学校」という言葉には、教職員だけでなく、保護者や地域の人々、そして何より児童一人一人がつくる学校であるという意味が込められています。
 この本の著者は、その学校の元校長先生です。「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」という理念のもと、保育園や他の学校では厄介者扱いされていた子どもが、友達や先生、地域の人と関係性を築き、成長していく様子は一読の価値があります。教員を目指す人にも、そうでない人にも、人と人との誠実な向き合い方、人間を支え育むこと、人間が成長することについて、深く考えさせてくれる一冊です。

学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。