HOME  > 学部・学科案内 > 文学部 > 教員紹介 > 楊 尚眞

楊 尚眞

教員紹介 一覧に戻る

教員氏名 楊 尚眞(ヤン サンジン) 職名  教授
略歴 【学歴】
ニューヨーク州立大学バッファロー校社会学部卒業、
シカゴ神学大学院牧会学専攻修士課程修了、同博士課程修了、
韓国延世大学大学院キリスト教教育専攻修士課程修了、
シカゴ神学大学院 牧会学専攻牧会学博士課程修了
シカゴ神学大学院 キリスト教教育学専攻哲学博士課程修了

【職歴】
在日大韓キリスト教会(東京教会伝道師・副牧師、京都南部教会担任牧師)、
米国長老教会(シカゴ中部韓国人教会教育牧師、シカゴミッドウエスト長老教会教育牧師)、
インディアナポリスブロードウェイ合同メソジスト教会修習牧師、
インディアナポリス聖ルカ合同メソジスト教会協力牧師
学位 Ph.D.(キリスト教教育学)、D.Min.(牧会学)、Th.M.(キリスト教教育学)、M.Div.(牧会学)
担当する科目 キリスト教学Ⅰ・Ⅱ(文学部)、宗教学A・B(社会福祉学部)、
キリスト教社会福祉論(社会福祉学部)、キリスト教概論(看護学部)、
キリスト教倫理(看護学部)、聖書と文学(文学部)
専門分野 キリスト教教育学/牧会学
主な業績 【著書】
「西洋キリスト教会の歴史」(単著、弘前学院出版会、2016)
「キリスト教神学思想史」(単著、弘前学院出版会、2016)
「キリスト教文学と聖書」(単著、ダキュピア出版会、2016)
「世界宗教概説」(単著、ダキュピア出版社、2015)
「聖書の福祉論」(単著、ダキュピア出版社、2015)
「キリスト教の倫理」(単著、ダキュピア出版社、2015)
「キリスト教概説」(単著、弘前学院出版会、2014)

【論文等】
 1.「Martin Luther's View of Vocation and its Influence on Religious Education」
  (単著、弘前学院大学文学部紀要第38号、2012)
 2.「聖書と死後の世界」(単著、弘前学院大学文学部英米文学誌第36号、2012)
 3.「Dietrich Bohnoeffer's view of Discipleship and Vocation」
  (単著、弘前学院大学文学部紀要第37号、2011)
 4.「ローズマリー・ルーサーのエコロジカル女性神学・自然と正義」
  (単著、弘前学院大学文学部英米文学誌第35号、2011)

  その他キリスト教に関する研究多数
その他
(学会社会活動、
講演、受賞等)
日本キリスト教教育学会、日本キリスト教史学会、韓国実践神学会、
韓国キリスト教神学会

研究テーマ

The study of Christian education for social transformation

 My major is Christian education and I am particurally interested in researching the problem of social injustice in the context of the liberative educational theories. I research into liberative educators who have a passion for social transformation, including Paulo Freire, Daniel Schippani and Thomas Groome, using the insights of liberation theologies that puts emphasis on social transformation, to form an educational methodology towards a more just society. I believe that the liberation theologies envision a future that is grounded in the religious symbol that has evolved from the central teaching of Jesus Christ about the Kingdom of God, and the notion that is best understood from the perspective of the liberation theologies with its utopian hope.



オススメの本

書名 境界線(Boundaries) 著者 ヘンリ・クラウド、ジョン・タウンゼント(Henry Cloud、 John Townsend ) 出版社 地引網出版 (Zondervan)

 This book for me was basically a refresher course on previous knowledge of boundaries. Dr. Cloud and Dr. Townsend really explain in great detail how to set boundaries, enforce them, and how to react to people who respond to your boundaries in a negative manner. This is very important, and is the reason some people are hesitant to set boundaries in the first place, because they fear it will damage relationships (in marriage and friendships) or cause people to resent or be bitter towards them. Cloud and Townsend addressed it in a concise, insightful way that it is not overly complicated or confusing. They also give advice and practical information and instruction on how to apply boundaries to every part of a person's day and life. This book is for anyone that wasn't given instruction on just what healthy and unhealthy boundries are. The insights in this book are helpful and up-to-date. It's full of wisdom. I truly recommend this book to you.

学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。