HOME  > 学部・学科案内 > 大学院 > 文学研究科 > 科目一覧・科目概要

科目一覧・科目概要

(1)履修基準

日本文学専攻における履修基準(最低修得単位数)は、次の通りです。
1.修士課程修了に要する合計単位数は30単位です。
2.課題研究は、課題研究Ⅰ(1年次、4単位)、課題研究Ⅱ(2年次、4単位)となっています。 いずれも必修科目です。

授業科目・講義等概要

日本文学特論科目等(選択必修)  6単位以上
科目名 単位 講義等概要
日本文学特論Ⅰ(古代文学) 2単位
キーワード:古代の色好み、大国主神と光源氏、色
上代の『古事記』における大国主神の色好みと中古の『源氏物語』若紫巻における光源氏の恋を読み、王の色好みの発想が、恋衣の衣裳の色に基づくことを知る。
日本文学特論Ⅱ(中世文学) 2単位
キーワード:日本中世文学・一寸法師・お伽草子・昔話・くずし字
御伽草子『一寸法師』を、くずし字で読み、読解する。現代の「一寸法師」とは全く異なる古典の世界のヒーロー像を学び、日本古典文学や日本文化についての理解を深める。
日本文学特論Ⅲ(近世文学) 2単位
キーワード:日本近世文学、歌舞伎、浄瑠璃、
      『仮名手本忠臣蔵』、脚本
歌舞伎を代表する演目として『仮名手本忠臣蔵』を取り上げる。歌舞伎の元となった浄瑠璃の本文とも比較しつつ、脚本を読解した上でDVDで舞台を鑑賞し、その特質と魅力について学ぶ。また、実際に演じられた舞台に対して、元々の脚本が持っていた豊かな可能性について考える。
日本文学特論Ⅳ
(近・現代文学)
2単位
キーワード:心象スケッチ
宮沢賢治の詩、散文をとりあげ、賢治の心象スケッチ、その表現法について考える。
日本語学特論(日本語学) 2単位
キーワード:江戸語、階級と言語、歌舞伎
江戸時代の話しことば、とくに文化・文政期の口語とは、どのようなものであったか、歌舞伎『東海道四谷怪談』を素材として、具体的に観察、検討する。
日本文法特論(日本語学) 2単位
キーワード:中世語、言語変化
中世は、日本語が古代から近代へと大きく転換する変革期でしたが、その言語的特徴とは何か、各資料を読みながら、具体的に検証する。
民俗学特論 2単位
キーワード:民俗学・伝説
日本の伝説を取り上げて、話の形式や地域性に注意しつつ、いかに語られてきたかを捉えていく。
民俗芸能特論 2単位
キーワード:民族芸能
日本の民俗芸能を取り上げて、その特質を考える。
事例に沿いながら、その芸能がいかに伝承されてきたかについて明らかにする。
関連科目(選択)
科目名 単位 講義等概要
漢文学特論(漢文学) 2単位
キーワード:漢語・漢詩・訓読
漢語の基礎知識と語法を学んだ後、日本における漢詩愛唱史で重要な役割を果たした、訓点つきの注釈書を読んで、漢詩に対する理解を深める。
伝承文学特論 2単位
キーワード:伝承文学
伝承に基づく作品を扱って、正確に読み解いていき、その背景にある伝承世界を理解する。
地域文学特論 2単位
キーワード:遠野物語
柳田国男の『遠野物語』を取り上げて、背景を考えながら話の意味を捉えていく。その上で本作品の特質について考える。
地域史特論 2単位
キーワード:藩政史
この講義は、弘前藩政史を概説して、歴史の流れを把握させた後に、弘前藩の農民の生活について述べる。
地域メディア特論 2単位
キーワード:情報発信力
情報が氾濫するネット社会において、情報の精査、整理、編集する力と、地域の特色を理解し、完成度が高く、グローバルな視野をもった魅力ある情報を企画、発信する力を養う。また、多様化するメディアを理解し、出版、編集の基本を学び、メディアを担う人材の育成を図る。
日本文学演習科目等(選択必修)  6単位以上
科目名 単位 講義等概要
日本文学演習Ⅰ(古代文学) 2単位
キーワード:古代の色好み、雄略天皇と光源氏、色
上代の『古事記』における雄略天皇の色好みと中古の『源氏物語』未摘花巻における光源氏の恋を読む。王の色好みの発想が、恋衣の衣裳の色に基づくことを知る。
日本文学演習Ⅲ(近世文学) 2単位
キーワード:日本近世文学、俳諧・俳文、紀行、芭蕉、
      『おくのほそ道』、雅俗の交流
『おくのほそ道』について、特徴的な章をいくつか取り上げて読解する。有名な作品ではあるが、先入観を捨てて本文を丁寧に読み解くことを通じて、『おくのほそ道』が文学作品として持つ特質と多様な魅力について学ぶ。
日本文学演習Ⅳ
(近・現代文学)
2単位
キーワード:昭和、小説、方法
《昭和期の文学》小説の方法という点で昭和期を代表する小説作品(「濹東綺談」1937、「人間失格」1948、「豊穣の海」1965-1971)とそれに対する分厚い研究論文群を精読する。
日本語学演習(日本語学) 2単位
キーワード:訓点資料、遊仙窟
奈良時代に伝来した唐代の伝奇小説『遊仙窟』が、どのように受容され、日本の文学・語学にいかなる影響を与えたか、具体的資料に基づいて考察する。
民俗芸能演習 2単位
キーワード:民俗芸能
民俗芸能を取り上げて、調査方法を学んだ上で受講者自らが調査報告し、類例との比較を通してその芸能の位置付けを行い、論文にまとめる。
課題研究科目(必修)  8単位
科目名 単位 講義等概要
課題研究Ⅰ 4単位 大学院学生各自が自らの問題意識に基づいて設定した研究テーマに対して、専門的かつ創造的な研究をすることができ、また各自の能力を十分に発揮できるように個別指導を行う。
課題研究Ⅱ 4単位 課題研究Ⅰの指導の上に立って、大学院生がより広い人文学的教養と高度の専門的知識を備え、各自の研究テーマに基づく研究を更に深められるように個別指導を行う。また、その成果として、学会などで口頭発表をした後、それに基づいて学会誌などに投稿することができる程度に独創的な修士学位論文の完成を目指す。
学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。