HOME  > 学部・学科案内 > 看護学部 > 学部長ご挨拶

学部長ご挨拶

吉岡 利忠

<時代の要請を先取りした新たな専門教育へ>

ケアに関わる専門職の育成は、日本のみならず高齢化・少子化が進む世界各国において、極めて重要な課題となっています。「高度化する医療福祉」、「ケアへの多様なニーズ」などへの対応が不可欠となっています。弘前学院大学はそのような社会的要請を受けて、2005年に東北地方の私立大学では初めての看護学部を開設し、看護の専門性をより高めることに邁進してまいりました。広い視野で物事を捉える学習環境を保ちながら、学生一人ひとりの専門性をさらに高めるという、時代の一歩先を行く教育です。

 私たちが目指す教育目標は、地域の大学である弘前学院大学の独自性、地域との深い関わりを活かした、「地域社会が求める高度な専門職業人」の育成です。これは専門的知識を習得し、その実力の証明として専門資格を持った上で、コミュニケーション力に示される社会的教養をしっかり身につけた人材の育成を意味します。そのために4年間の一貫教育をさらに重視してまいります。とりわけ、専門科目の担当教員が1年次から基礎演習を通してきめ細かなオーダーメードの指導をしております。ゼミや少人数の授業などで、学生一人ひとりの希望や適性にマッチした将来を一緒に考え、学習アドバイスも行います。さらに、4年次には少人数にて研究計画書の作成、調査研究の実施、研究論文の作成までの過程を卒業研究として指導しています。単に国家資格を得るだけではなく、新しい時代を担える創造的な力の育成にも力を注いでいます。

 社会のこれからを担うみなさんを育てるために、弘前学院大学も常に時代が求める教育へと進化・変化していきます。

学長 吉岡 利忠

看護学部学部長
吉岡 利忠
(ヨシオカ トシタダ)

学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。