HOME  > 学部・学科案内 > 看護学部 > 教員紹介 > 千葉 正司

千葉 正司

教員紹介 一覧に戻る

教員氏名 千葉 正司(チバ ショウジ) 職名 教授
略歴 【学歴】
 1971年3月 弘前大学理学部生物学科卒業
 1973年3月 弘前大学理学部理学専攻科修了
【職歴】
 1973年5月 弘前大学助手医学部解剖学第二講座に採用
 1995年7月 新潟大学助教授医学部解剖学第一講座に採用
 2005年4月 弘前大学教授医学部保健学科に採用
 2014年4月 弘前学院大学看護学部看護学科教授に採用
学位 1983年12月 医学博士(弘前大学)
担当する科目 基礎演習、人体の構造Ⅰ、人体の構造Ⅱ
専門領域
(研究テーマ)
人体構造の変異に関する肉眼解剖学的研究
主な研究業績 【著書】
1.描画による解剖記録,弘前大学医学部解剖学第二講座,1987.
2.実習人体カラーアトラス(全2巻),考古堂,2011.
3.線描人体解剖学(増補第3版),考古堂,2014.
【論文】
1.“C型腕神経叢の形態学的研究.その1.神経叢の形態と各神経の分岐態度について.” 
  解剖誌,58(3),143-156,1983.
2.“Two cases of the superficial dorsalis pedis artery observed in man.” 
  Ann Anat, 178(2), 183-189,1996.
その他
(学会社会活動、講演、受賞等)
日本解剖学会永年会員、日本臨床解剖学会会員、コ・メディカル形態機能学会会員、人類形態科学研究会会員
『肉眼解剖による皮神経の末梢分布とデルマトームとの関係』(第101回日本皮膚科学会総会でシンポジスト講演,2002年6月)
『気管支動脈の血管解剖』(第40回日本IVR学会総会モーニングセミナーで講演,2011年5月)
学生へのメッセージ 地道に努力しましょう。成果はすぐには顕れませんが。
学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。