HOME  > 学部・学科案内 > 看護学部 > 教員紹介 > 髙田 まり子

髙田 まり子

教員紹介 一覧に戻る

教員氏名 髙田 まり子(タカダ マリコ) 職名 教授
略歴 【学歴】
 国立弘前病院附属看護学校卒業、玉川大学教育学部卒業
 放送大学院文化科学研究科文化科学専攻教育開発プログラム修了

【職歴】
 国立弘前病院・盛岡病院・福島病院にて看護師・看護師長・看護教員として勤務した後、
 H21年より現職として勤務
学位 修士(学術)
担当する科目 在宅看護論Ⅰ、在宅看護論Ⅱ、在宅看護実習
専門領域
(研究テーマ)
・主体的学習行動を取り入れた看護技術教育方法
・学習を効果的に進めるためのポートフォリオを活用したカリキュラム開発
・在宅における災害看護のカリキュラム開発
主な研究業績 【論文等】
1.「看護技術強化通達後の静脈注射に関する教育内容見直しの実態」
  (共著、平成16年度独立行政法人国立病院機構共同研究報告書、2004)

2.「『点滴静脈内注射を受けている患者』の看護の演習の効果-1年次に事例検討・学生の演示・技術評価を組み入れた方法」
  (共著、平成17年度同国立病院機構共同研究報告書、2006)

3.「看護技術演習に主体的学習行動支援プログラムの検証-第1、2報」
  (共著、第17回日本看護学教育学会抄録集、2007)

4.「学習を効果的に進めるためのポートフォリオを活用したカリキュラムの検討-排泄の援助技術の習得におけるポートフォリオ活用の効果-」
  (単著、第18回同学会抄録集、2008)

5.「看護教員のポートフォリオ評価に対する認識と実践上の課題」
  (第19回同学会誌、2009)

6.「在宅看護実習前に学生に身につけさせたい実習態度(第5報)-学生の実習前後のアンケート調査から-」
  (共著、第70回日本公衆衛生学会集、2011)

7.「在宅看護実習前に学生に身につけさせたい実習態度(第6報)-実習態度に関する必要性と効力感のアンケート調査から-」
  (共著、第71回日本公衆衛生学会集、2012)

8.「看護総合臨床実習の地域看護領域における学び-実習記録からの分析-」
  (共著、第71回日本公衆衛生学会集、2012)
その他
(学会社会活動、講演、受賞等)
日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護技術学会、公衆衛生学会、地域看護学会、北日本看護学会
学生へのメッセージ 岩木山を見上げる豊かな自然の中に建つキャンパスで、自分の夢の実現と地域貢献のために、ともに学んでいきましょう!皆さんが自ら考え・学び・行動 できるよう支援していきます。
学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。