HOME  > 学部・学科案内 > 社会福祉学部 > 教員紹介 > 藤岡 真之

藤岡 真之

教員紹介 一覧に戻る

教員氏名 藤岡 真之(フジオカ マサユキ) 職名 准教授
略歴 【出生・出身】
 1973年横浜市生まれ

【学歴】
 北海道大学文学部哲学科倫理学専攻課程卒業、
 立教大学大学院社会学研究科 社会学専攻博士課程前期課程修了、
 同後期課程退学

【職歴】
 弘前学院大学社会福祉学部助手、同助教、同講師、同准教授
学位 博士(社会学)
担当する科目 社会科学研究方法、基礎演習、 社会学A・B、 社会福祉調査実習A・B、専門演習Ⅰ、 専門演習Ⅱ(卒業研究を含む)
専門領域
(研究テーマ)
豊かさと社会に関する問題 
主な業績

【著書】
 1. 2015年(単著)『消費社会の変容と健康志向―脱物質主義と曖昧さ耐性』
  ハーベスト社
 2. 2015年(分担)間々田孝夫編『消費社会の新潮流』立教大学出版会(「社会性の
  高い消費者の特徴と今後―社会的消費者の意識・行動の年代別分析」)
 3. 2015年(分担)経済社会学会編『経済社会学キーワード集』ミネルヴァ書房
  (「顕示的消費」「大衆消費社会」「ハビトゥス」)

【論文等】
 1. 2016年(単著)「健康に関する不安と消費の関連ー消費者の自律性と他律性をめぐ
  る問題」『弘前学院大学社会福祉学部研究紀要』16,77-91
 2. 2013年(単著)「消費社会の変容と健康志向―脱物質主義と権威主義に着目し
  て」博士論文(立教大学)
 2. 2013年(単著)「公共性の高い消費は高まるのか?―社会的消費者の年代的特徴
  の分析」間々田孝夫編『ポスト・グローバル消費社会の動態分析-脱物質主義化を
  中心として』(科学研究費補助金研究成果報告書)
 3.2009年(単著)「消費社会における欲求の高度化とその逆機能的側面―リスクに
  関する消費の場合」『経済社会学会年報』31,208-215
 4.2007年(単著)「健康情報に関するメディア利用と健康意識、健康行動」
  『弘前学院大学社会福祉学部研究紀要』7,30-41
 5.2006年(単著)「脱物質志向と健康意識・健康行動―都市部20、30代を対象
  とした計量分析」『弘前学院大学社会福祉学部研究紀要』6,42-50

 2015年10~11月に実施した「健康と社会生活に関する調査」の結果はこちらです(PDFファイル)。

 本調査結果は、2014-2016年度科学研究費補助金〔課題番号:26380692、研究科題名「健康リスクに対する消費者の意識と行動についての実証研究―震災以降の東日本を中心に」〕の助成による研究成果の一部です。

その他
(学会社会活動、講演、受賞等)
日本社会学会、経済社会学会、関東社会学会、日本マスコミュニケーション学会、関東都市学会、専門社会調査士
学生へのメッセージ 多様な人、ものに触れて世界の深さ、豊かさに驚いてください。 そして自らの頭を使って考え、行動できるように。
学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。