HOME  > 大学について > キャンパスマップ

キャンパスマップ

構内図の番号、または下記の名前をクリックすると説明が表示されます。

クラブハウス 1号館 4号館 外国人宣教師館 6号館 体育館 図書館 5号館学校法人本部棟大学院 礼拝堂 ライトハウス 2号館 3号館
  1. ① 1号館
  2. ② 2号館
  3. ③ 3号館
  4. ④ 4号館
  5. ⑤ 5号館
  6. ⑥ 6号館
  7. ⑦ 体育館
  8. ⑧ 図書館
  9. ⑨ 礼拝堂
  10. ⑩ ライトホール
  11. ⑪ クラブハウス
  12. ⑫ 弘前学院外人宣教師館

1号館

講義室や事務室、各教員の研究室、地下ラウンジなどがあります。 また大学院の合同研究室や講義室などがあります。

  • このページの先頭へ

2号館

講義室の他、LL教室や各教員の研究室などがあります。

  • このページの先頭へ

3号館

中央に4人用角テーブル8セット、張り出し部に4人用丸テーブル2セット、窓側カウンターに一人用椅子19席をゆったりと配置し、ゆとりのある落ち着いた空間となっています。また、プロジェクターや格納式スクリーン、アクセスポイント、磁石も使える壁一面の大きな掲示版等を設置しており、情報発信や交流の場としてはもちろん、ミニホールとして使用することも可能です。さらに、車いす用の広いトイレや緩やかなスロープ、プッシュ式蛇口や大型電気スイッチ、LED照明の採用など、障害者や環境にやさしい作りになっています。


  • このページの先頭へ

4号館

社会福祉学部開設に伴い建築された、おしゃれな外観が目印の建物です。各教員の研究室やミーティングルームなどがあります。

  • このページの先頭へ

5号館

1、2階が法人本部、3、4階が大学院で利用しています。パソコンが常駐している合同研究室等があります。

  • このページの先頭へ

6号館

看護学部は、平成17年に新しく開設されました。未来のナースを夢見る学生たちが勉学に励んでいます。看護学部棟は、看護学部事務室、看護学部教員の研究室、講義室、実習室等があります。

  • このページの先頭へ

体育館

  • このページの先頭へ

図書館

図書館に関しての詳細は、図書館のページをご覧下さい。

  • このページの先頭へ

礼拝堂

礼拝堂正面上部には、直径3.5メートルのステンドグラス・バラ窓が取り付けられており、講壇にはドイツのメイヤー社が製作したキリストの生誕から昇天までを描いたステンドグラス3セットが用いられています。
講壇向かって左には、1880年にイギリスのブリクソン兄弟とエリス社製のパイプオルガンが設置されています。
礼拝堂は、主に毎週木曜日の礼拝、結婚式、演奏会等に利用されています。

  • このページの先頭へ

ライトホール

正門を入ってすぐ左のところにある建物が学生食堂です。
週替わりのランチやセットメニューなど安くて豊富なメニューが揃っています。
ライトホールとは、本学設立の最初の寄付をいただいたアメリカのキャロライン・ライト女史の名をいただいて、本学の食堂として建てられました。
当初本学院は來徳(ライト)女学校として日本キリスト教団弘前教会内に作られたことからも、本学の設立に尽くされたライト女史の名を忘れぬようにと、今も使われています。

  • このページの先頭へ

クラブハウス

学生のサークル活動の部室として利用されています。

  • このページの先頭へ

弘前学院外人宣教師館

明治39年、本学院にアメリカ婦人伝道局から派遣される、婦人宣教師の宿舎として建てられました。設計施工者は弘前のクリスチャン棟梁、桜庭駒五郎氏と伝えられています。明治時代の外人宣教師館の様式を伝えるものとして、全体的なまとまりと細部の意匠に見るべきものがあり、東北地方における洋館として優れた遺例の一つとされています。
昭和53年1月31日付をもって、国の重要文化財として指定されました。
昭和55年に、弘前市中瓦ヶ町の旧弘前学院構内から現在の稔町13-1に移築復元されました。
平成16年に宣教師館に弘前学院資料館を設置し、創立以来の史料の一部及び相澤文庫を収納しています。

*相澤文庫
平成16年、相澤文蔵氏ご遺族より、蔵書およびキリスト教関係の資料約一万点が寄贈されました。「相澤文庫」として、整理収納がすすめられています。
約6,000冊の蔵書は多岐にわたり稀覯(きこう)本として注目されているものもあります。

大学について
大学について
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。