HOME  > 学部・学科案内 > 社会福祉学部 > 社会福祉士について

社会福祉士について

 社会福祉士とは、専門的知識や技術をもって、高齢者や障害者、あるいはその家族等に対する福祉支援サービスに関する相談に応じ、適切な援助を行うための福祉支援専門職として、1987年の「社会福祉士及び介護福祉士法」によって生まれた国家資格です。

 社会福祉士は、さまざまな社会福祉施設や、社会福祉協議会、医療機関、福祉事務所などにおいて、人々の相談援助を中心とした仕事をしています。但し、社会福祉士だけに限定された仕事というのはなく、資格のある人もない人も一緒に勤務しているのが現状です。なぜなら、社会福祉士という資格は業務独占(その資格を持った人のみができる仕事がある)ではなく、名称独占(社会福祉士であることを名乗って仕事ができる)資格だからです。だからといって、資格を有していなくても同じ、というわけではありません。就職に際しては、社会福祉士の資格を持った人が有利に扱われる場合が多くありますし、実際に現場で勤務をしたときに、多様な利用者のニーズに適切に応え支援していくためには必要な資格となりつつあります。

 また、平成19年の法改正により、従来の「身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導」を行う仕事の他に、『福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者、その他の関係者との連絡及び調整、その他の支援を行うこと』が追加されました。

 これに伴い、カリキュラムの改正も行われ、いわゆる実践力の身についたソーシャルワーカー(社会福祉士)の養成を目標に掲げ、演習・実習の更なる充実が図られました。

社会福祉士国家試験受験ルート 説明図

出典:社会福祉・振興試験センターより、一部着色加工

学部・学科案内
学部・学科案内
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。